東京都豊島区池袋3-30-8みらい館大明 info@yusho-support.com 090-9321-8607(伊勢)

3/30(火)カネミ油症について考える市民講座

3/30(火)19:00~21:00、カネミ油症などの食品公害に詳しい環境社会学者の宇田和子さん(高崎経済大学)が講師を務める市民講座がオンライン(Zoom)で開かれます。

この講座は、コロナ禍の昨年6月にスタートした新しい市民講座「梨の木舎ピースアカデミー(NPA)」のうちの1つです。今月から始まった第3期は全部で25コース(1コース全6回)あり、そのうちの環境の視点から平和について考えるコース18「誰ひとり取り残さない環境論―公害・環境問題の当事者性 」の第3回という位置づけです。

宇田さんが担当される講座の概要は以下のとおりです。


  • タイトル:食品公害と親子―カネミ油症・森永ヒ素ミルク事件の被害
  • 開催日時:2021年 3月30日(火)19:00~21:00
  • 開催形式:Zoom
  • 担当講師:宇田和子さん(高崎経済大学)
  • 講座概要:食品公害とは、製造工程で汚染された食品の摂取により生じる被害です。たとえば森永ヒ素ミルク中毒事件では、汚染された粉ミルクを親が子に与えました。カネミ油症事件では、汚染された油を家族で食べました。さらに、油の汚染物質は次世代の身体にまで引き継がれています。食品公害における親子の関係は、問題解決を阻む要因であると同時に、被害救済を実現しようとする人々の原動力でもあります。この回では、親子の関係をキーワードに食品公害問題の構造を読み解きます。

誰ひとり取り残さない環境論―公害・環境問題の当事者性

  • [1] 3/2「福島原発事故に引き継がれる問題群」関礼子さん(立教大学)
  • [2] 3/16「水俣病に関わる葛藤と悩みを伝える」永野三智さん(水俣病センター相思社)
  • [3] 3/30「食品公害と親子―カネミ油症・森永ヒ素ミルク事件の被害」宇田和子さん(高崎経済大学)
  • [4] 4/27「ダム事業のこれから―建設予定地に生きる住民の視点」浜本篤史さん(早稲田大学)
  • [5] 5/11「NIMBYは地域のエゴなのか―迷惑施設の立地問題」土屋雄一郎さん(京都教育大学)
  • [6] 5/25「石垣島の環境と開発―空港・基地が奪う自然と文化」山里節子さん(いのちと暮らしを守るオバーたちの会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です